傍聴のぉとⅡ~警視庁OB痴漢事件 控訴審ラウンド~【11】

 弁護側は次々と反証となる証拠を提出するわけで、たとえば犯行のあった当時の電車内の様子を再現するビデオであったり、被害者の証言を医学的に否定する医師の証言などを証拠として裁判長へ申し立てるわけです。
 そんな弁護側から提出された証拠に対して、検察側が様々なツッコミをいれます。さらに検察側も被告人の有罪を証明する証拠を追加提出したりします。


↓ 弁護側にやる気があれば、起訴事実の矛盾を指摘するため、犯行時の再現ビデオを作ったり、ありとあらゆる努力をする(画像はイメージ)。
EPSON EB-S10_025
EPSON EB-S10_025 / TAKA@P.P.R.S


 公判というのは裁判員裁判のように、半日以上かけて集中審議が行われるパターンもありますが、裁判員裁判でない通常裁判は、1回の公判は1~2時間です。したがって証拠調べは1回の公判だと一件か二件になります。
 そうなると、弁護側が本気で戦う否認裁判は、
〝第一回公判から1年以上かかる Σ(゜o゜ノ)ノ〟
ことが珍しくありません…というか、それくらいの長丁場になるのが普通です。


↓ 被告人が最初から罪を認めている〝量刑裁判〟ではなく、起訴事実を認めていない〝否認裁判〟は、通常弁護側から山ほどの証拠が提出され、その審理に時間がかかるので公判の回数が二桁になることも珍しくはない。したがって期間も第一回後半から1年近く、場合によっては1年以上掛かる(画像はイメージ)。
IMG_7864
IMG_7864 / Noize Photography


 ところが今回の裁判の第一審は、すでに書き垂れたように、
〝わずか5回で判決 (-,―∂)ポリポリ〟
しています。

 しかも途中で被告人の嫁はんが、情状証人として追加されたことによって、公判が1回増えたので、本来であれば4回で終了してしまう筈だったわけです。この回数の少なさは否認裁判としては異常だともいえるでしょう。
=続く=

【このネタを初めから読む】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

傍聴のぉとⅡ~警視庁OB痴漢事件 控訴審ラウンド~【10】

 そして被告人の元警視庁OBは、控訴審でも同じ弁護士と弁護人契約を結び、再び同じ面子で控訴審に望んだわけです。
 私見を言わせてもらえば、
(この弁護人…痴漢の刑事裁判に慣れてねぇな… ┐( ̄Д ̄;)┌)
と第一審の時から思っていました。


↓ 被告人の雇った弁護士は3人も居たので、当然被告人個人が自腹を切った「私選弁護人」だろう。ところがコイツらは第一審の時から、頼りなかった…(画像はイメージ)
タイトルなし
タイトルなし / matthewfreedman


 確かに弁護人トリオの中には、たまぁ~~にTVで見かける顔もあり(どんな番組に出演してるかは、バレちゃう可能性があるので内緒)、そこそこ腕自慢の弁護士なのでしょうが、第一審の弁護ぶりを見る限り、刑事弁護…特に痴漢冤罪事件に関しては、ほとんど
〝やる気のない国選レベル ┐('~`;)┌〟
だったと言ってもいいでしょう。

 まず起訴された被告人が無罪を主張する〝否認裁判〟というのは、公判の最初から被告人が罪を認めている量刑裁判に比べて時間が掛かるのが普通です。
 大抵の量刑裁判は別ネタに書き垂れた通り、第1回公判の次には判決公判が行われますので、通常なら2回(即決裁判なら1回)で終わります


↓ 日本国内で開廷されている90%近くは、被告人が最初から起訴事実を認めており、刑罰の重さを決めるだけの「量刑裁判」である。事前に手続きをしておけば、1回の公判で判決までいく「即決裁判」というモノもあるが、通常の公判は一応ちゃんと審理しているというポーズのためか、判決だけは別の日に行われて、通算2回で終わるケースが多い(画像はイメージ)。
Historic 9th District Court of Appeals
Historic 9th District Court of Appeals / csread


 これは追訴した検察と、訴追された被告人の間で、起訴事実に関して争点がないからです。ところが被告人が無実を主張している否認裁判は、検察の主張が間違っているという事になりますので、公判は映画やTVドラマと同じく、
〝検察VS被告 ヽ(`Д´)9〟
という法廷バトルが繰り広げられます。
=続く=
【このネタを初めから読む】

↓ かたや被告人は自らの身柄の自由とプライドをかけて、相対する検察は国家権力の威信をかけて・・・否認裁判はまさに〝真剣勝負〟なのである(画像はイメージ)
Fight!
Fight! / Foreshock


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

傍聴のぉとⅡ~警視庁OB痴漢事件 控訴審ラウンド~【9】

 第一審の判決が不服で被告側が控訴した場合でも、検察側が控訴した場合でも、すでに判決が出た時点で弁護人契約は終了しています。引き続き控訴審で弁護を頼むときは、新たに弁護人契約を結ぶことになるわけです。

↓ 刑事弁護の契約は、基本的に公判ごとに結ばれる。つまり第一審で判決が出た時点で弁護契約は完了する。被告人の希望通りの判決であれば成功報酬が発生し、そうでなかった場合は…契約書の内容によるが報酬ゼロ(経費除く)というケースもありうる(画像はイメージ)
Contract
Contract / 24oranges.nl


 まぁ、第一審で不本意な判決が出ちゃったのは、
「弁護人が役不足だったから! ヽ(`Д´)9」
と被告人が思えば、再契約をしないで別の弁護士を雇うという選択もあります。

 しかし被告人がブチ切れるほどミスをする弁護士などあまりいません。ましてや第一審の判決が下った翌日から14日以内に控訴を申し立てないと判決が確定してしまいますので、他の弁護士を探すより第一審の流れも理解している同じ弁護士に、控訴審の弁護人を頼むパターンが多いわけです。


↓ 第一審で法律のド素人である被告人にもわかるほどヘマをしない限り、ニッポンでは控訴審の弁護は引き続き、第一審で弁護人を担当した弁護士に弁護を依頼するのがデフォ(画像はイメージ)。
IMG_7881
IMG_7881 / Noize Photography


 第一審から控訴審へレベルアップし、再び弁護人契約を結ぶのですから、当然
〝新たに弁護料が発生…_φ(-_-;)b〟
するわけで、料金体系は弁護士によって差異はありますが、手付けに数十万円、成功報酬に数十万円といった金が再び掛かります。


↓ 弁護人として再契約するという事は、再び弁護料金が発生する…(画像はイメージ)。
Money money money !!
Money money money !! / Ari Helminen


 今回の裁判の場合は、第一審で被告人は完全敗北していますから、第一審の弁護料に
〝成功報酬はなかった (´д`)〟
と思われますが、敗訴したらホントに成功報酬ゼロなんて、弁護士は少ないようなので、すでに第一審の段階で、最低でも判決で下された罰金額並みの弁護料は払っているでしょう。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 私選弁護人で痴漢冤罪裁判に挑んだ場合、被告人は第一審の判決時点で、すでに有罪罰金刑と同額が、それ以上の金を裁判費用につぎ込んでいるはずである。そう考えると控訴した被告人は、それだけでも冤罪の可能性があるのだが、裁判所はそうした損得勘定に関して極めて鈍感である(画像はイメージ)。
Angry sketch
Angry sketch / ciron810


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

傍聴のぉとⅡ~警視庁OB痴漢事件 控訴審ラウンド~【8】

 控訴審では、当然裁判官は変わります。これは担当が地方裁判所から高等裁判所に移るからです。また訴追側である検察も、地方検察庁から高等検察庁に格上げされますので、上訴した方が弁護側であっても、検察官は高等検察庁の検事が担当します。

↓ 控訴審になると、裁判官だけではなく検事も変わる(画像はイメージ…って公判の引継ぎは書面で行われるケースが普通で、地検の検事と高検の検事がいちいち直接会って引継ぎをすることはない)。
Budget Battles in a Down Economy: An Assessment of Prosecutor and Defense Lawyer Funding
Budget Battles in a Down Economy: An Assessment of Prosecutor and Defense Lawyer Funding / rappaportcenter


 したがって検察官も面子が変わっており、第一審では女性検察官×2と男性検察官といったトリオで公判に臨んでいたわけですが、公判開始前に入廷してきた検察官は
〝女性検察官ひとり(第一審の検事とは別人) Σ(゜o゜ノ)ノ〟
だけでした。


↓ 高検の担当検事は女性で、今度はたった一人だった(画像はイメージ)。
Business woman
Business woman / CL-Photography


 一方、弁護側は第一審と同じ顔ぶれの弁護人3人だったわけです。これは珍しい話ではなく、むしろ〝よくあるパターン〟だと言えます。
 刑事事件の弁護人契約は、基本的に公判ごとです。逮捕されちゃった場合だと、身柄拘束から起訴(又は不起訴まで)というパターンもありますが、起訴されちゃった場合は改めて契約を結ぶのではなく、大抵はそのまま継続で弁護活動をします。


↓ 一方、弁護人は第一審と同じ弁護士たちだった。
Courtroom - Marietta, GA
Courtroom - Marietta, GA / matthewfreedman


 ただ第一審で判決が出ると、弁護人としての契約はそれで一旦終了します。これは依頼した弁護人が国選だろうが私選だろうが同じです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

傍聴のぉとⅡ~警視庁OB痴漢事件 控訴審ラウンド~【7】

 事件はTVで報じられ、第一審公判の時にも傍聴券こそ発行されませんでしたが、明らかに報道関係の人間が傍聴に来ていたことを考えて、弁護側が少しでも事件を風化させようと企んだ…というのは穿った見方かもしれません。

 しかし弁護側も検察側もチンタラ仕事をしていたのは事実で、控訴審の第1回公判が開かれたのは、第一審の判決が出てから、4ヶ月以上の月日が過ぎていました。


↓ ニュースは常に起きている(警察官の不祥事も…)。今回の公判手続きが遅いのは、日々伝えられるニュースの中、事件の風化を狙った司法の陰謀ではないか?…と疑いたくなるくらいトロかった(画像はイメージ)
Casio W61CA - Now recharging.
Casio W61CA - Now recharging. / MIKI Yoshihito (´・ω・)


 そんな感じで、長かった2014年の夏もようやく終わり、秋をすっ飛ばして寒風が吹き始めた10月の24日、東京高等裁判所において(…って場所は東京地裁と同じだが…)、もはや世間から忘れ去られた事件、
『警視庁OB痴漢事件』
の控訴審は始まったわけです。


↓ 『警視庁OB痴漢事件』の第1回控訴審は、金木犀の香りが漂う頃に開かれた。
とあるお宅の金木犀
とあるお宅の金木犀 / salchu


 初公判当日、すっかり世間は忘れている…はずなのに、法廷には結構な数の傍聴人が詰め掛けていました。今回も傍聴券の発行はされませんでしたが、法廷が開放される前から20人弱の傍聴人が並び(V(-¥-)Vも40分くらい前から並んでた)、開廷されるころには傍聴席は8割がた埋まっていました
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 世間的にはすでに忘れ去られているような事件だったが、法廷はそこそこ傍聴人が入っていた…まぁ、裁判傍聴ブーム以後、趣味で傍聴する人は増えたし、痴漢とかわいせつ系の事件はもともと人気が高いんだけどね(画像はイメージ)。
In the courtroom waiting on the Supremes
In the courtroom waiting on the Supremes / Robotclaw666


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック