傍聴のぉと~警視庁OB痴漢事件~【4】

 別ネタでネチっこく書き垂れましたが、刑事事件の初公判における大体の流れは、

出廷した被告人がホントに本人かを確認する《人定質問》

検察官が事件の概略を説明する《起訴状朗読》

被告人に起訴状に対する、自分の立場を表明させる《罪状認否》

検察側・弁護側双方からの《証拠申請》

といった所です。


↓ どんな事件を扱った刑事裁判でも、基本的に公判の流れは同じ(画像はイメージ…ってこの本読みたいけど、図書館にも本屋にも置いてない…)
男はなぜパンツ一丁で郵便局に押し入ったのか トンデモ裁判傍聴レポート

 この公判のメイン会場(?)は531号法廷で、規模としては「中法廷」級でしょう。定員数はしっかり数えたわけでありませんが、60人弱くらいだと思われます。初公判当日はその法廷が7~8割埋まり、有名な傍聴芸人・阿曾山大噴火氏の姿も見えました。

 で、問題の〝逮捕されなかった被告人〟は、当然勾留もされていませんから、おそらく私選で雇ったと思われる弁護士軍団(この時は二人、後に三人に増える)と共に入廷し、弁護側の前に設置された黒い長イスに座ると、
(この物好きな暇人どもめ…(  ̄ー ̄)フッ)
と言わんばかりの冷ややかな眼で傍聴席を見回しました。


↓ 弁護人と共に現れた被告人は、傍聴席を小馬鹿にしたような目つきで眺めていた(画像はイメージ)
Courtroom - Marietta, GA
Courtroom - Marietta, GA / sketchblog


 そんなこんなで初公判は開廷し、早速人定質問が行われたわけですが、氏名年齢を知りたい方は、
〝警視庁OB 参事官 痴漢〟
というキーワードでネット検索すれば、調べられるでしょう。 
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 被告人の本名が知りたい方はネットで検索してみよう。判決で有罪になった被告人の名前など、ココに書いても構わないような気もするが、まだ控訴したかどうか不明だし、必要以上に長期間情報が残る媒体に本名を晒すのは、人権上いかがなモノかと思うので、このネタで個人名は書かない。
google me felicito tambien!!!!!
google me felicito tambien!!!!! / jacilluch


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック