傍聴のぉと~警視庁OB痴漢事件~【28】

 この答えは、質問した検察官も予想外だったようで、法廷内にちょっとザワつくような空気が流れましたが、
「それでは、被告人が手のひらを擦りつけていた、Yシャツの鑑定はしなかったのですか? (゜σ゜)」
という次の質問に対して、警部補は真面目くさった声で(顔は見えない)、
「そこまで考えは及びませんでした (・0・)/」
と答えるに至っては、法廷内はより一層ザワついたわけです。


↓ 被告人は手のひらをYシャツの脇に擦りつけたのだから、マジで微物検査によって被害者の繊維片を発見したいのであれば、当然Yシャツの鑑定もする事を考えるのが常識だと思うが、担当捜査官は〝そこまで考えなかった〟そうな…ってそれじゃド素人以下である(画像はイメージ)。
(プリントスター)Printstar オックスフォードボタンダウンシャツ 半袖 00801-OSS

 これらの証言は、この警部補といい、この前に登場した巡査長といい、
(ホントに警察官って、融通利かない石頭の上に頭の中身は空っぽだな…( ̄Д ̄;))
という印象を傍聴席に与えました。

 とはいえ、その後は定められたマニュアルに則って、警部補は被告人に電車での出来事を聞いていったわけで、被告人の主張としては、
・女子高生らしい女性が横にいて、バックを足に挟んで立っていた
・自分は吊り革をつかんで寝ちゃってた

というモノで、少なくとも被害者が自分の隣に居たことは、はじめから認めています


↓ 被告人は少なくとも、隣に乗っていたのは女子学生で、しかもそれが被害者だったことは認めていた(画像はイメージ)。
+
+ / Nisa Yeh


 そして警部補はこれまでの捜査経験から、
(コイツ…やったな…(`へ´))
有罪を確信したそうです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 捜査官の質問にしどろもどろになる時もあり、証人の警部補は被告人が犯人だと確信した(画像はイメージ…リアル取調室にスタンドライトはない)。
Detective Who Needs A Fix
Detective Who Needs A Fix / Clearly Ambiguous


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック