傍聴のぉと~警視庁OB痴漢事件~【34】

 嫁はんによれば、被告人の持病は
〝高血圧・糖尿病・花粉症・脳梗塞〟
といった生活習慣病のオンパレードで、特に花粉症に至っては、全ての花粉に対してアレルギーがあるらしく、その症状は
〝毎年1月から7月まで続いている Σ(゜o゜ノ)ノ〟
そうで、あまりの長期間続く症状に、この証言を聞いた傍聴席はちょっとザワつきました


↓ なんと被告人は1年の半分以上、花粉症に悩まされていたという事が判明した(画像はイメージ)。
アレルギー 花粉症のウソ・ホント (週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.48))

 事件当時(6月)も、当然まだ被告人は花粉症の症状(鼻水・鼻づまり・涙目)に悩まされており、花粉症の薬を飲んでいたわけで、弁護側としては薬の影響があって電車で眠ってしまっていたと言いたいわけです。
 また2005年と2007年に脳梗塞の手術をしており、以後左手の甲を正面にして、ブラブラさせながら歩くようになったとも証言しました。


↓ 被告人は脳梗塞の手術後、無意識に左手の甲を前にして、ブラブラさせながら歩くようになったらしい(画像はイメージ。被告人はこんなに若くない)。
Scott
Scott / KellyB.


 これも事件に関して、被告人本人の意思とは関係なく、偶然手が被害者に当たっちゃった事を暗に示唆す証言を弁護側が引き出したと言えるでしょう。
 さらに前回の公判で問題になった、被告人の
〝ヘンな腕組み…_φ(・・ )b〟
に関しても、証人は若いころからあった癖だと証言しています。今回の公判で証拠写真が何点か提出されたようですが、スライドとして法廷に示されたわけでもなく、その後もその写真自体が問題になったわけではありませんでしたので、実際に被告人には昔からヘンな腕組みをする癖がホントにあったのかどうかは不明のままです。 
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 被告人がヘンな腕組みをするのは、昔から癖で微物検査逃れではない。という事を証明しようと、弁護側は過去の被告人の写真を何点か提出したらしい。その写真がいつ頃撮られたものかは開示されなかったし、裁判官もそんな細かいことは〝ど~でもいい〟らしい(画像はイメージ)。
Dirty
Dirty / sarahelizamoody


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック