Q-5:ニッポンで刑罰になる罪ってなに?~刑法~【1】

罪をにくんで人をにくまん
罪をにくんで人をにくまん / yto


 これまでこのカテゴリ
〝ニッポンの罪とか…罰とか…〟
では、主に「罰」の方に関して能書きを垂れてきましたが、今回は「罪」の方について書き垂れてみたいと思います。

 ニッポンに限らず、法治国家を名乗る国には「刑法」というモノがあります。ニッポンも主要法典である六法の内に含まれていまして、この刑法に定められたルールを違反すると
〝刑事罰が科せられる ('A`)〟
わけです。


↓ 刑法を書いた本。こんな本を読むのは法科の学生か、マジで刑事事件に巻き込まれちゃった人が、苦し紛れに読むくらいだろう。また、ド素人が読んだって大して役には立たない。その理由は書く方が実用書として書いていないから…
刑法 第2版

 とはいえ、刑法以外にも刑事罰が科せられる法律がありまして、刑法に定めれている以外のモノは、
特別刑法(または「特別法」)…_φ(・・ )b〟
として区別されています。
 区別といっても、刑法だから特別罪が重いとかいうわけではなく、社会の変化によって刑事罰が設定された法律が刑法以外にも多く含まれるようになっただけで、刑法と特別刑法に処罰や手続き上の違いはありません。


↓ 実は覚せい剤取締法も刑法ではない。まぁ、パクられちゃえば後の手続きは同じなのだが、刑事罰は発生するが、刑法には定められていない法律をまとめて「特別法」という(画像はイメージ…ってかそのものだが…)
週刊文春が報じた「シャブ&飛鳥」の衝撃【文春e-Books】

 どちらも定められた法律を犯せば、これも六法のひとつである
〝刑事訴訟法(刑訴法)…_φ(・・ )b〟
によって、裁かれることになります。
 刑訴法の手続きに関しては、今まで散々書き垂れてきましたが、今回はどんなことをしでかしたら、刑訴法の餌食になってしまうか?という話です。
=続く=


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック