傍聴のぉと~警視庁OB痴漢事件~【37】

 まぁ、駅員室や警察署内で
「困っちゃうよ、早くして ┐('~`;)┌」
と連呼したのは事実だと認めましたが、
「署長は、○○君だろ (  ̄ー ̄)フッ」
とは言っていない、と検察側の主張を否定しました。


↓被告人は取調べで、「署長は○○君だろ?」とは言ってはいないと、検察側のシナリオを否定した(画像はイメージ)。
Courtroom - Marietta, GA
Courtroom - Marietta, GA / sketchblog


 そして微物検査に関しても、被告人から積極的に検査してくれと申し出たにも関わらず、なかなかしてくれなかったという点を強調したわけです。
 この被告人質問ではじめて判った話もいくつかあり、まず
〝ポリグラフ(嘘発見器)の使用が検討されていた _φ(・・ )b〟
という事がありました。


↓ この時警察の取調官は「嘘発見器」の使用を検討したらしい(画像はイメージ…ってこれはオモチャやん…)
まことくん

 ポリグラフ検査というのは、この手のネタを読んでいる方であれば、大抵はご存知だと思います。被験者にセンサーを取り付けて、脈拍や発汗状態などを測定しつつ、いくつかの質問をし、
〝犯人しか知りえない事実 (∪_∪)b〟
を突きつけて、その動揺を調べるモノです。


↓ こちらが海外で使われている〝リアル嘘発見器〟。被験者に電極を付け、心拍数や呼吸のリズムなどを計り、専門の検査官が事件に関する質問をして、被験者の動揺を調べる。
タイトルなし
タイトルなし / Vibragiel


 今回の事件では、結局ポリグラフ検査は実施されなかったのですが、その理由は
〝時間が掛かるので、被疑者(当時)が拒否したから Σ(゚ロ゚;)〟
というモノでした。
=続く=

【このネタを初めから読む】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック