ふぁいる-[3] 甲南大生痴漢でっち上げ事件【4】

 もっともKさんの〝予想外〟は、Mが思惑を外したと考えるより、はるかに大きなモノだったでしょう。何しろ
〝マジで逮捕され、ブタ箱にブチ込まれてしまった ( ̄□ ̄;)!!〟
のですから…


↓ 誤解を晴らすつもりだったKさんは、逮捕されて留置場にブチ込まれてしまった(画像はイメージ)
In Jail
In Jail / theglobalpanorama


 逮捕から留置場入場までの刑事手続きは、V(-¥-)Vの本にもネチっこく書き垂れてありますが、
逮捕

取調べ(弁解録取書&身上書作成)

写真撮影・指紋採取

留置場エリア入場

身体検査パンツの中まで見られちゃう)

居室入場(普通は複数の被疑者が居る〝雑居部屋〟)

といった流れです。

 大抵の人は雑居部屋にブチ込まれ、そのあまりに非日常的な空間を呆然と眺め、
(何故、オレはこんな所にいるんだ? (;゜Д゜))
と自問してしまうでしょう。そして、ショックの真っ只中にいても、同室のヒマを持て余している被疑者が、
「ねぇねぇ…何やらかしたの? (・∀・)」
野次馬根性丸出しで迫ってきたりもします。


↓ 刑事事件に巻き込まれてしまった場合、どんな手続きが待っているかは、この本にネチっこく書かれている。
逮捕されたらこうなります!

 Kさんが同じ留置場にブチ込まれている住人に、何と話したかは不明ですが、いつもと同じように仕事を終え、電車に乗っていた普通のサラリーマンが、痴漢冤罪に巻き込まれるということは、突然の天災のように日常が破壊され、想像も出来なかった世界に放り込まれることなのです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ いつもと同じ電車に乗り、いつもと同じ駅で降りて家に帰る…そんな日常が突如破られるのが痴漢事件である(画像はイメージ)。
Shinjuku Station
Shinjuku Station / Dick Thomas Johnson


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック