ふぁいる-[3] 甲南大生痴漢でっち上げ事件【5】

 ただこの事件の場合、よくある痴漢冤罪事件とは違った展開になりました。
 痴漢事件に限らず、被害者がいる刑事事件では当然
〝被害者や目撃者からも事情を聴取する…_φ(・・ )b〟
という手続きがとられます。


↓ 刑事事件で取調べを受けるのは被疑者だけではない。事件全体を把握するには、当然被害者や目撃者からも事情を聞く必要がある。まぁ、被疑者VS刑事のような殺伐とした雰囲気はないけどね(画像はイメージ)。
52/365
52/365 / krystian_o


 そして目撃者(を騙る)Mも、これまた当然の事ながら事情を聞かれたわけです。前述のとおりMは、Kさんとの直接示談で金を巻き上げることを考えていましたが、警察が介入するような騒ぎは予想していませんでしたし、
〝そうなった場合の対策はまったく考えていなかった ┐('~`;)┌〟
という非常に杜撰な犯罪計画でした。

 ですから被害者の女性(を騙った)とは、口裏合わせなどほとんど出来ていなかったわけで、事情聴取をしているうちに担当捜査官は、
(なんか…変ぢゃね? (ーー;))
と思い始めたようです。


↓ ロクな打ち合わせもしていなかったらしいMたちは、警察での事情聴取で辻褄の合わない証言をし、警察も事件に疑問を抱いた…(画像はイメージ)
ふしぎな取調室

 その証拠に痴漢事件としては珍しく
〝Kさんは翌日の夕方には釈放… _φ(・・ )b〟
されました。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ Kさんは翌日の夕方には釈放された。これは痴漢事件としては大変珍しいパターンである(画像はイメージ)。
Harajuku Police Station
Harajuku Police Station / *_*


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック