Q-5:ニッポンで刑罰になる罪ってなに?~刑法~【23】

 刑法96条の《封印等破棄罪》というのは、強制執行のときに公務員が施した〝封印〟を破壊したり無効にしたりする罪です。
 この場合の強制執行は、民事訴訟で債権者が債務を取り立てるために、債務者の財産を強制的に差し押さえる行為のことです。


↓ 一言で「差押え」といっても、「仮処分」とか「仮差押え」とか、色々あるらしい。機会があればちょっと調べてみよう(画像はイメージ)
差押え―実践・滞納処分の対処法
↓ 相変わらず〝萌え〟が足りない当Blogで、この場面にこんな画像を使いたかったが自粛する(当然エロDVDなので良い子はクリック禁止)。
借金若妻差し押さえ15連続輪姦 肉体返済ブッカケ中出し特売マンコ 大沢美加 クロス [DVD]

 差押えるものは、動産・不動産の関係なく、裁判所の執行官税務署の徴収職員が差押え処理をしていきます。この時、差押えた印として、家のドアを開かないように封印したり、家具や調度品に紙を張ったりするわけですが、こうした封印や差押えの紙を勝手に壊したり破ったりすると、封印等破棄罪が適用されるわけです。

 こうした強制執行による差押えというのは、しばしば映画やドラマで登場することがあります。主人公やその友人知人が、莫大な借金を抱えるハメになり、そこへ鬼のような執行官たちが現れ、部屋中の家具にお札のような赤紙をベタベタ貼っていくわけです。


↓ 映画やドラマの影響で、差押さえといえば「赤紙」というイメージが強い。
赤紙が来る! 自治体が進める国保・国民年金滞納者への「差し押さえ」作戦 (朝日新聞デジタルSELECT)

 リアル社会の差押えは、もうちょっとソフトらしく、確かに差押え用の紙を貼っていく事は同じなんですが、これ見よがしな場所ではなく、TVだったら後ろだとか、壷の類なら底だとか、目立たない場所に貼ってくれるのが〝お約束〟になっているようです。また税務署の徴収職員はドラマ通りの赤紙ですが、裁判所の執行官が貼る紙は白紙だと言われています。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ アメリカ辺りだと、差し押さえ用紙はこんなにデッカいらしい。日本の差し押さえ用紙の画像はなかった。
Ashburn House #2
Ashburn House #2 / _rockinfree


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック