夜の旅人 小説・冤罪痴漢の復讐

夜の旅人―小説・冤罪痴漢の復讐

 2004年に出版された『夜の旅人 小説・冤罪痴漢の復讐』です。サブタイトルに“セミドキュメンタリー”と銘打ってあるので、実際の痴漢冤罪事件を扱っているのかと思ったら、実在の痴漢冤罪事件を取材して、
“それを元に書いた小説 ┐('~`;)┌”
だそうです。

 まぁ、出版される本のタイトルは、出版社の編集者が命名するケースも珍しくないので、この本も作者がタイトルを決定したとは限りません。そういう意味でタイトルに難癖をつけるのは控えますが、作者をはじめこの本の編集に携わった人々が刑訴法(刑事訴訟法)に関して、無知で勉強しようとも思っていなかった事は明白で、本文からあとがきにいたるまで、
“「勾留」と書くべきところが、全て「拘留」になっている (-_-;)b”
のです。


↓ 「勾留」と「拘留」の違いは、このBlog内でも書き垂れてある。V(-¥-)Vの本もゲラ段階で間違えて「拘留」になっていた箇所を編集者のIさんが指摘&修正してくれた。つまり今回紹介している本は、製作時に作者から編集者まで出版に関わった全ての人間が、ちょっと調べればすぐわかる「勾留」と「拘留」の違いを知らないまま本を出しているのである。
In a jail cell
In a jail cell / m01229


 この時点で、すでに冤罪小説として価値がない事がわかりますが、さらに言えば主人公が冤罪の罪を着せられ、頑強に否認を続けた挙句、心が折れて冤罪を認めてしまい、略式起訴で釈放されるまでの話は、最初の第1章…つまり
“30ページくらいで終了 (;゜Д゜)”
してしまっています。

 その後の大部分は何が書かれているかというと、T大卒の(自称)エリートサラリーマンが、会社をクビなった後に辿る社会復帰…というか、自分のアイデンティティを取り戻す話になっているわけです。
 この本は、Amazonに1件だけレビューが掲載されていますが、その評価は結構的を射ています。


↓ 以前紹介したこの本みたいに、VS痴漢冤罪という内容で全編が描かれているわけではない…というか、痴漢事件は最初の導入部だけである。
左手の証明―記者が追いかけた痴漢冤罪事件868日の真実 (Nanaブックス)

 この本の主人公に共感できる人はあまり居ないでしょう。一流大学を出て一流企業に入社し、そこで出世を目指すというのが、主人公にとっての唯一“輝かしい人生”のようで、主人公にとって中小企業のサラリーマンなど、“裏街道”なのです。
「てめぇ~!ホントの裏街道がどんなモノか教えてやろうか?! ヽ(`Д´)ノ」

と思ってしまうのは、半分リアル裏街道に足を突っ込んでいるV(-¥-)Vならでは感想です。

 しかしこの主人公の“上から目線”な価値観によって綴られる物語は、あまり気分の良いものではないでしょう。オチも在りがちなパターンですし、そこまで辿りつく過程は逆にご都合主義だったります。
 痴漢冤罪と名のつくモノなら、何でも読んでみたい人でなければ、お勧めできる本ではありませんが、トンデモ本としては楽しめる…かもしれません。
=完=

↓ まぁ、エリートサラリーマンの転落小説として読めば面白いかもしれないが、主人公の持つ極端なエリート意識が我慢できるかどうかが問題である。
Revtank Outtakes
Revtank Outtakes / MiiiSH


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック