痴漢裁判 傍聴へGo! 【17】

 犯罪事実に関して争わない量刑裁判の見所は、
検察側が被告人に対してどれほどの刑を求刑するのか?
弁護側が、どのくらい被告人の刑を軽くできるか?

という点になるでしょう。

↓ 被告人が罪を認めている量刑裁判の争点は、文字通り〝量刑をどうするか?〟になる(画像はイメージ)。
Chen appears in court to face First Hill murder ch
Chen appears in court to face First Hill murder ch / jseattle


 検察側の攻撃はすでに冒頭陳述で、被告人をまるで稀代の大悪党の様にボロカスに言っていますので、次にくるのは弁護側の
〝情状証人への証人質問…_φ(・・ )b〟
になります。

 情状証人というのは、裁判長に対して被告人の良い人間性を説明したり、今後の更正を保障し、再犯させないように説得したりするための証人です。情状証人として出廷する人といえば、痴漢事件に限らず被告人の肉親や家族で、母親や妻あたりが一般的です。あと被告人が勤めている零細企業のおやぢ社長が出廷するケースもありますが、痴漢事件の場合、痴漢をしても健気に夫を支える妻…というシチュエーションが、最も効果的かもしれません。


↓ 被告人に対する心証を良くする〝情状証人〟は被告人の親兄弟、あるいは配偶者といった所が一般的。しかしホントに痴漢をやっちまった夫の情状証人を、妻が引き受ける…なんていうのは余程夫婦間の絆が強くなきゃできる話ではない…(画像はイメージ)
Mrs. Eliz. Meinken (LOC)
Mrs. Eliz. Meinken (LOC) / The Library of Congress


 証人質問は、基本的に召喚した側から質問を開始しますが、呼ばれた証人と言うのは、まず
〝証人宣誓書〟
というのモノを読み上げなければなりません。
良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べない旨を誓います。 」
というのが東京の宣誓書ですが、関西の方だと文面が若干違うそうです。


↓ 証人は証言台に立ち、事務官から渡された「証人宣誓書」を読み上げることが〝お約束〟である。宣誓書の文面は嘘をつかず、ホントのことだけを喋ります…という事だが、地方によって言い回しが微妙に違うらしい(画像はイメージ)。
IMG_7897
IMG_7897 / Noize Photography


 要は法廷内の証言で嘘をつかないと宣言するわけで、嘘をついた事がバレると、
偽証罪でタイホされてしまう可能性がある Σ(゚ロ゚;)〟
という説明も裁判長からされます。
=続く=

【このネタを初めから読む】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック