Q-6:交通違反のキップは、どうして2種類あるの?【6】

 ところが人によっては、
オービスに撮られたはずなのに、いつまで経っても警察から呼出し状がこない ('A`)」
悩まれる方もいます。


↓ 「オービスが光ったはずなのにサツから呼出し状がこない…」って何もここまで悩むこたぁない(画像はイメージ)
anguish
anguish / porschelinn


 実はオービスの撮影能力は、一般人が恐れているほど大したことはなく、
〝よく撮影に失敗する Σ(゜o゜ノ)ノ〟
ようです。

 だからオービスのフラッシュを浴びてしまっても、実際はドライバーの顔が不鮮明だったりして、警察が検挙を諦めることもあります。事務手続きから考えて、
〝3ヶ月、呼出し状がこなければセーフ ヽ(´∀`)ノ〟
だと言われています。


↓ オービスというのは警察が自慢するほど大した性能はないらしい。撮影に失敗したらしく、オービスが光っても警察から呼び出されなかった人は実在する。昔はもっとひどくて〝フィルム切れ〟なんてアホな事もあったとか…今はデジタル方式に変わったから、フィルム切れの心配はならしいけどね(画像はイメージ)。
Polisyrket kraver fart! / Police bussiness demands speed!
Polisyrket kraver fart! / Police bussiness demands speed! / MikaelWiman


 その他、スピード違反でパクられるケースといえば、白バイや覆面パトに直接検挙されるパターンでしょう。乗っているのが警察官だと気づかない限り、覆面パトカーの追尾から逃れる術はありません。しかし白バイの場合だと、後ろに付かれた時点ですぐに減速して法定速度内までスピードを落とせば、検挙を逃れられる可能性があります。

↓ バイパスの合流地点に潜む白バイ。あからさまなスピード違反車を見つけると、脱兎のごとく走り出す。
白バイ待機中。
白バイ待機中。 / HIRAOKA,Yasunobu


 というのも、覆面パトにしろ白バイにしろ、ちゃんとした速度を測定しなければ、物的証拠を示せませんので、違反車のバックに張り付き、レーダーによる速度計測をするからです。
=続く=

このネタをはじめから読む

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック