ふぁいる-[5] 山陽本線痴漢冤罪事件【1】

山陽本線向洋駅
山陽本線向洋駅 / yamataka


 痴漢冤罪が出まくった2000年代前半に起きた冤罪だといわれる事件です。あえて「冤罪だといわれている事件」というのは、とりあえずこの事件は最高裁まで争われ、被告人の有罪が確定しています。

 つまり日本の法律からすれば、この事件の被告人は有罪であり、現時点で冤罪だとは証明されていません。こうした司法的には有罪だけど、庶民感覚だと冤罪といったケースは痴漢事件では珍しくはありません。
 事件が起きたのは2006年11月2日で、倉敷-岡山間の電車内で痴漢行為を行ったとして、JR西日本の職員だった山本 真也氏(当時44歳)が逮捕されました。


↓ コレにも載っているらしい。
冤罪File (ファイル) 2008年 03月号 [雑誌]

 事件当日山本氏は、ギュウギュウ詰めの満員電車で、正面に立っていた女性(当時21歳)に対して、彼女のジーンズの上から股間を触ったという容疑を受けました。女性は痴漢をされている最中、山本氏の顔を確認し、電車を降りるときに山本氏の腕を掴みます。
 いわゆる《私人による現行犯逮捕》というやつです。
=続く=


↓ 山本氏は電車を降りたときに被害者女性に確保され、《私人による現行犯逮捕》されてしまった(画像はイメージ)。
under arrest
under arrest / gagilas


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ

JRANK人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック