傍聴のぉとⅡ~警視庁OB痴漢事件 控訴審ラウンド~【4】

 V(-¥-)Vが東京地裁に問い合わせたのは、ゴールデンウィーク明けでした。東京の場合、地裁と高裁は代表電話の番号が同じで、控訴の確認は地方裁判所の刑事部に尋ねるわけです。
 ここで問い合わせる側が知っていなければならないのは、最低限被告人の名前で、それさえ知っていれば、担当部署に回してくれます。


↓ V(-¥-)Vが裁判所に控訴情報を聞いたのは2014年のGW明けだった(画像はイメージ)
タイトルなし
タイトルなし / Beshef


 で、今回の裁判は控訴されたことを知ったわけですが、
〝第1回公判の予定は、全く未定 ┐('~`;)┌〟
という事も判明しました。
 まぁ、控訴がされたからといって、すぐさま控訴審の予定が立つことは滅多にありません。前述の通り控訴の意思表示をする控訴申立書は、あて先こそ高裁ですが受付窓口は地裁です。


↓ 上訴手続きの仕方なんて、一般人はあまり知らないが多くの人は、一生のうちに刑事事件に巻き込まれることなど滅多にないので知る必要はない(画像はイメージ)。
Last Will And Testament
Last Will And Testament / Ken_Mayer


 これは単純に書類手続きの問題で、裁判の関係資料は判決が下された時点で地裁にあります。控訴申立書が出されると、はじめて地裁は書類をまとめて高裁に回すことなっているわけです。
 高裁は地裁から回ってきた裁判書類を検討しつつ、控訴した側(今回のケースでは被告側)に具体的な控訴の書類である
〝控訴趣意書…_φ(・・ )b〟
の提出を求めます。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 日本の裁判所は最高裁判所を頂点として《高等裁判所》《地方裁判所》《簡易裁判所》などがある。上訴する場合は“より高級な裁判所”へ訴え出るとされている。つまり地方裁判所より高等裁判所が、高等裁判所より最高裁判所が“高級”だとされているのである。審理にあたる裁判官の数を増やすことで高級感を出そうとしているが、傍聴していると高級だから正しい判断を下せるわけではないという事を痛感できるだろう。
最高裁判所
最高裁判所 / sekido


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック