傍聴のぉとⅡ~警視庁OB痴漢事件 控訴審ラウンド~【7】

 事件はTVで報じられ、第一審公判の時にも傍聴券こそ発行されませんでしたが、明らかに報道関係の人間が傍聴に来ていたことを考えて、弁護側が少しでも事件を風化させようと企んだ…というのは穿った見方かもしれません。

 しかし弁護側も検察側もチンタラ仕事をしていたのは事実で、控訴審の第1回公判が開かれたのは、第一審の判決が出てから、4ヶ月以上の月日が過ぎていました。


↓ ニュースは常に起きている(警察官の不祥事も…)。今回の公判手続きが遅いのは、日々伝えられるニュースの中、事件の風化を狙った司法の陰謀ではないか?…と疑いたくなるくらいトロかった(画像はイメージ)
Casio W61CA - Now recharging.
Casio W61CA - Now recharging. / MIKI Yoshihito (´・ω・)


 そんな感じで、長かった2014年の夏もようやく終わり、秋をすっ飛ばして寒風が吹き始めた10月の24日、東京高等裁判所において(…って場所は東京地裁と同じだが…)、もはや世間から忘れ去られた事件、
『警視庁OB痴漢事件』
の控訴審は始まったわけです。


↓ 『警視庁OB痴漢事件』の第1回控訴審は、金木犀の香りが漂う頃に開かれた。
とあるお宅の金木犀
とあるお宅の金木犀 / salchu


 初公判当日、すっかり世間は忘れている…はずなのに、法廷には結構な数の傍聴人が詰め掛けていました。今回も傍聴券の発行はされませんでしたが、法廷が開放される前から20人弱の傍聴人が並び(V(-¥-)Vも40分くらい前から並んでた)、開廷されるころには傍聴席は8割がた埋まっていました
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 世間的にはすでに忘れ去られているような事件だったが、法廷はそこそこ傍聴人が入っていた…まぁ、裁判傍聴ブーム以後、趣味で傍聴する人は増えたし、痴漢とかわいせつ系の事件はもともと人気が高いんだけどね(画像はイメージ)。
In the courtroom waiting on the Supremes
In the courtroom waiting on the Supremes / Robotclaw666


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック