Q-1:ニッポンの刑事罰にはどんなモノがあるの?【1】

 日本の刑事事件で下される刑罰といえば、
「死刑!」
とか
「無期懲役!」
あるいは、「懲役○年」「罰金」くらいは思いつくでしょう。


↓ 賛否両論渦巻く中、現在も執行されている日本の最高刑罰「死刑」(この画像を見て「死刑!」というギャグがすぐに頭に浮かぶ人は、1960年代以前の生まれのはず…)
がきデカ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 日本国内で定められている〝刑罰〟は、
・財産刑
・自由刑
・生命刑

といった3つのカテゴリーに分類されます。これ以外の刑罰…たとえば「ムチ打ち刑」のような〝身体刑〟と呼ばれるような体罰的なモノは、日本の刑罰には採用されていません。
 では上記に挙げた日本で現在執行されている刑罰の具体的な内容を紹介しましょう。

↓ 上記のような「○○刑」なんてカテゴライズを知っている人は、普段からこんな本を読んでいる〝業界人〟である。
刑法 第2版

①財産刑
 財産刑というのは、有罪が確定した被告人から、金品を取り上げる刑罰の事です。一般的な考え方であれば、要するに「罰金」のことなんですが、実は罰金刑は一種類ではなく、
「科料(かりょう)」
「罰金(ばっきん)」
「没収(ぼっしゅう)」

の3種類があります。


↓ 比較的善良な一般人でも、一生のうちに1回ぐらいは体験する刑事罰が「罰金」…って、本の表紙には刑罰ではないモノもある…
バッキン地獄

 「科料」と「罰金」の違いですが、これは単なる金額の違いで、
〝請求金額千円以上、1万円未満「科料」1万円以上「罰金」…_φ(・・ )b〟
になります。
 では千円未満が「没収」かといえばそうではありません。実は日本の刑法で、刑罰として金を取り上げる刑というのは、最低金額が千円に設定されていて、千円未満の請求額はないのです。
=続く=


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック