痴漢裁判 傍聴へGo! 【35】

 無罪の場合は、
「被告人は無罪 ( ̄^ ̄)」
とハッキリ言いますが、有罪だった場合は具体的な刑罰を言うだけです。
 この時点で被告人のバックに、冤罪事件に関する支援団体がついている場合、
「不当判決だっ…( ̄ゝ ̄ )ボソッ」
とかいう抗議の声が、裁判長に聞こえるように囁かれますが、大昔法廷を騒然とさせたような学生運動の過激派みたいに、退廷させられるような大声を出す者はいません。


↓ 冤罪を争っている否認裁判の場合、有罪判決が出ると傍聴席の空気はざわめく。特にプロ市民系の支援団体なんかが応援に来ていると、遠慮がちに野次が飛ぶこともある…(画像はイメージ)
jury 1
jury 1 / sketchblog


 裁判長は、判決文の「主文」を読み上げた後、
「これより理由を述べます。長くなりますので、被告人は着席して聞いてください」
というのが〝お約束〟です。有罪判決を食らったとしても、被告人が暴れだす…というケースは稀で(大声を上げて、〝不規則発言〟として退廷させられた被告人は見たことがある)、多くの場合、被告人は大人しく証言台に設置されたいすに腰を下ろします。


↓ V(-¥-)Vは以前控訴審判決で大声を出し、裁判長に「静粛にしないと退廷を命じます」と言われても、「上等じゃねぇか!」と啖呵を切り、ホントに退廷させられた被告人を見た(画像はイメージ)。
Baltimore Police Arrest
Baltimore Police Arrest / Keith Allison


 裁判長はそれを確認して、判決の理由を読み始めますが、傍聴人の事なんか、まったく気遣う気のない裁判長は、
声が小さく早口で、何を言っているのか聞き取るのが大変 ┐( ̄Д ̄;)┌〟
である事が多いでしょう。 
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 裁判官によって個人差はあるが、ひどい裁判官だと小声な上に早口で、何をしゃべっているのか、マイクを通してもよく聞こえない場合がある(画像はイメージ)
Denise R. Lind
Denise R. Lind / Wikileaks Mobile Information Collection Unit


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック