痴漢裁判 傍聴へGo! 【2】

 裁判には「民事」「刑事」がありますが、ザックリ説明すれば民事裁判というのは当事者同士が争うモノで、刑事裁判は国家が法を犯した疑いのある者を裁くモノです。
 そんなわけで痴漢事件の裁判というのは、当然刑事裁判になります。


↓ 民事とは個人同士の揉め事を解決する裁判(画像はイメージ)
dispute
dispute / gustopher

↓ そして刑法や条例などの〝法〟を犯したと思われる者を裁くのが刑事裁判。
arrest
arrest / Keith Allison


 また裁判所も、
最高裁判所
高等裁判所
地方裁判所
簡易裁判所
家庭裁判所

と様々な裁判所がありますが、痴漢事件を傍聴できる裁判所は、
地方裁判所高等裁判所、そして地方によっては簡易裁判所
でしょう。


↓ 裁判所と一言でいっても色々ある。こんなに雪まみれでも熊本裁判所…。全国に支所も含めれば裁判所というのは結構な数になるが、高等裁判所くらいなると、地方裁判所も同じ敷地内…というか、同じ建物だったりするところもある。
熊谷地方裁判所
熊谷地方裁判所 / Norisa1


 簡易裁判所で痴漢裁判が行われるのは、軽い痴漢をした場合に適応される
〝迷惑防止条例…_φ(・・ )b〟
の刑罰が、懲役のない罰金だけだったりする場合です。迷惑防止条例は各都道府県によって、刑罰に結構差がありますが、痴漢事件が多発している都市部では、それに対応して条例違反の刑罰も重くなっていますので、簡易裁判所ではなく地方裁判所で行われます。


↓ 条例というのは、自治体単位で定められた法律。単に警告などを行うだけで刑罰のないモノから、懲役刑などの重い刑事罰が課せられるモノまで様々で、結構地方色もあったりする(画像はイメージ)。
美少年育成条例違反 (フラワーコミックス)

 また高等裁判所でも、痴漢事件が争われる場合がありますが、これは要するに第一審の判決に、不服のあったヤツ控訴したからです。控訴するのは大抵被告人ですが、ごく稀に
〝検察側が控訴! ( ̄□ ̄;)!!〟
というケースもあります。
 どちらにしても、痴漢裁判を見たいのであれば、最寄の地方裁判所簡易裁判所、あるいは高等裁判所に行きましょう。
=続く=

【このネタを初めから読む】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


冤罪 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Satokiの本


ランキングサイト
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
V(-¥-)V メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック